おいしい白ワインは産地の背景を考え選びましょう

生産された年や醸造方法によっても違いがあります

白ワインの味わいは甘みと酸味とのバランスで構成されているワインは産地の違いによってもおいしさが違います生産された年や醸造方法によっても違いがあります

ワインの原料となるブドウのソーヴィニヨンブランですが一般的には品種の個性がわかりやすいブドウと言われブドウの成熟度合いや日照量により、香りが異なるのです。
ロワール産のソーヴニヨンブランの場合、ボルドーに比べてより涼しいことからミントやハーブの香りが主体となり、ボルドー産の場合はよりハーブの香りが強くなります。
サンセールというワインがありますが、これは白桃や黄桃セルフイーユの香りがります。
青リンゴやミントの香りはありませんからサンセールはブドウが熟した年、つまり相当いいヴィンテージのワインであると判断されます。
アントルドウーメルはボルドー産の白ワインの中では、どちらかというとさわやかなタイプですが一般的にはサンセールに比べるとすがすがしいハーブの香りは少なく、セルフイーユの香りもほんの少し感じられます。
フランスの右つまり東側の産地は、アルザス、コートデローヌ、ブルゴーニュ、プロヴァンスの四地域です。
土壌もブドウの品種も異なるのです。
アルザスはフランスのブドウ栽培地の北限で、南のプロヴァンスは地中海性気候の暖かい地域というように東側は気候的にも、バリエーションに富んでいます。
涼しいところで収穫されたブドウは酸味がさわやかで温かいところのブドウは甘くて、濃厚な味わいがあるのが特徴です。
ブドウの木は土壌の性質に左右されます。
土は川によって山から運ばれるわけですからどこの山から流れてきたかで土の状態が違うといえます。
隣接した産地なのに異なる性質のワインが生まれる場合がよくありますが、それは川の影響ともいえるのです。
ワインはブドウが作られた産地や気候、生育した土壌など様々な条件で味や香りの違いが出てくるものです。
生産された年や醸造方法によっても違いがありますので、ワインの背景をよくつかんでおいしいワインを飲むようにしましょう。